速く走ることを追求する陸上競技専門サイト[スーパーアスリートクラブ]を運営するバランス研究所代表の花谷博幸について

ホームへ

花谷について

私を五体満足に生んでくれた両親に感謝します。私がこうして日々楽しくエキサイティングな人生を歩めるのも両親が私を健康的に育ててくれたことだと思っています。私は仮死状態で生まれました。母は妊娠中にドクターより「危ない」と宣告されていたそうです。

 私がこの仕事に就くことになったのは学生時代陸上競技をしていた事に由来します。その頃はケガが絶えなく富士見市内の接骨院や整形外科によく通っていました。ある時、父に連れられ都内の治療院に行き現在の師匠と出会いました。最終的にこの仕事への決心はその師匠がカッコ良いオヤジであり師匠に対する憧れからでした。

その後、ある縁で中国に3年間行く事になり山西省という埼玉県との姉妹都市に留学。留学して半年後には病院内研修という日本人の全くいない環境に置かれ臨床学習を行いました。あの3年間は本当に勉強しましたし、貴重な時間でした。特に鍼灸、漢方、最後は心臓まで中国でも最高峰の先生達とマンツーマンで研修できた事は今も大いに役立っています。

帰国して鍼灸専門学校に3年間、国家資格も一発合格して鍼灸師となりました。実は学生の頃から開業はしており、今でもその頃からの患者さんに私は育ててもらっています。

以前の治療院では移転2カ月目で火事が階下から起こり、治療院は全て煙でいぶされ長期休業に追い込まれたりもしました。患者さんが全く来ない時期もありました。

しかし現在、バランス研究所は皆様のお気持ちに支えられ地域ダントツ一番の治療院、日本トップレベルの治療技術の提供という自負と過信のもと、たくさんの素敵な方々に足を運んでもらい余裕を持った運営ができるようになりました。

治療院運営以外にも2003年から全国のプロの治療家、院長先生に対して経営や治療術を指導する研究会<PCC>を立ち上げ、現在治療業界では日本で最も大きい研究会を主宰するようにまでなりました。そのため全国各地で学習意欲の高い院長達に既に数千名へのセミナー、数百人に直接治療術の指導を毎年しております。書籍の出版も果たし現在実用書では珍しく1万部を超えるベストセラーを維持しています。

私の今すべきこと、まずその一つとして『自分の息子に何を見せてあげられるか?』
今はただ、業界をリードし、後進を育成し、夢を語れる男になれるよう行動し続けることだと信じています。
小さな夢ですが、息子が小学生高学年になったら、20代よくナップザック1個で歩き回ったインドに二人で行くことです。そして強烈な体験として世界を見せてあげることです。

バランス研究所は、これからもあなたのバランス研究所であります。
来て頂いている皆様への責任として、これからもバランス研究所は日本トップレベルの治療の提供をしていきたいと思っています。また、チームバランス全員で気楽に通える明るく笑いのあるフレンドリーな治療院を目指します。『バランス研究所』の自慢は「チーム皆仲良し」です。どうぞ今後とも末永くご愛顧よろしくお願いします。

バランス研究所代表 花谷博幸



ホノルルマラソン ゴール付近 最後は息子も飛び入りで一緒にゴール

ページトップへ